Shoot At The Devil

―All evil bitches will see the two lights.

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
04


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジュラシックワールド [ネタバレ感想]

原題: Jurassic World

JurassicWorldBar640.jpg


おもしろかったのかどうなのかちょっとよくわかりませんでした。
相変わらず迫力すごいし、第一作目が20年前なのもびっくりで
その20年前に今と見劣りのない映像を作り出してた第一作目のすごさに改めて感動。
恐竜VS人間というわかりやすい構図が今回はあいまいでした。
まぁ恐竜は人類の敵ってわけじゃないよってことを言いたいのかもしれませんが
いくらずっと世話してもらってたからって果たしてラプトルに情が生まれるのか疑問です。
遺伝子操作して新種を生み出したようにそこも人間の勝手な都合(解釈)なんじゃないかと。
同じ遺伝子を組み込まれた新種を王として従うよりもエサくれてた人間に従う?
同じ遺伝子=仲間という認識よりも人間を助けることを優先させるのか?
新種の匂いをかがせてオリから解放したのはいいけどその匂いを追いかける保証はどこにあったのか。
まっすぐ飛び出して匂いを追ってったからいいものの、オリから出した途端Uターンして
自分たちに向かってくることは考えなかったのか?

主人公がなんでもできちゃうスーパーヒーローなのはわかったし
ヒロインの科学者?との展開もド定番中のド定番で、
プテラノドンが飛び交ってそこら中で人をさらってる阿鼻叫喚の中でよくもそんなことができるな、と。
キスしてる最中に掴んじゃえよプテラノドン、と。
そもそもこのヒロインに同情できるところがひとつもありませんでした。
アメリカ映画作品は主人公をいじめたり観客に悪い印象を与えるキャラが真っ先に無残な死に方をします。
この作品でも兄弟の子守りを頼まれたのに目を離してしまった女性が無残な死に方をしました。
しかし、彼女はヒロインから無理やり子守りを押し付けられたわけです。
ヒロインが忙しくて兄弟をかまってられないから、と彼女に押し付けた。
電話の内容から彼女は結婚を控えていてこれから幸せな毎日が待っていたはずなのに
あんな無残な死に方をしていい理由が見当たりません。

hgxfysec5xcn2odalxro.jpg


新種との死闘を繰り広げた上に20年間放置されていた廃車同然の車を再び動かせるようにした最強の兄弟に
「怖い思いをさせたくない」と何を今さらなことを言ってるのか、それもよくわかりません。
あなたが最初からちゃんと兄弟と一緒にいたら死者はもっと少なかったんじゃないですか?
まるでこれで全部帳消しでしょと言わんばかりに命がけでTレックスを誘導してましたけど
あれもどうして目の前を走るヒロイン(エサ)ではなく彼女が持つ発煙筒に興味を示したんでしょうか。
Tレックスは1作目であの近距離で発煙筒をちらつかせて投げても発煙筒には興味を示さず、
投げた人間を追いかけました。
同じ恐竜ではないとしても本能としては動くエサを追いかけるんじゃないでしょうかね。
多分飼育係もみんな逃げてて誰もエサ与えてないだろうからお腹もすいていたでしょうに。
まぁ新種が自分の縄張りを荒らしてることの方が重要だったということで。そういうことで。

この最後の恐竜同士の死闘がどう見ていいのかわかりませんでした。
手放しでガンバレTレックス!そこだラプトル!とはなりませんでした。もっと人間なんとかして。
人間の手に負えないから恐竜に処理を任せるしかないってのはわかるけど
そもそもあなたたちが娯楽のために生み出したんだから、もうちょっとなんとかしてよ。
最後は巨大ワニがおいしいとこ持ってって「やったな俺たち」みたいな雰囲気。
「次会ったときは食うぞ」みたいな雰囲気。
ラプトルもヒーローとアイコンタクトを交わして消えて行きました。
なんだか猿の惑星を思い出しました。リメイクのラストもこんなんだったような。違ったかな。

結局またしても島は恐竜パラダイスということになりました。
最後に兄弟が両親と再会した場所は島外かな。
どれだけの人が島から脱出できたのかは不明ですが、あれだけ飛び交ってたプテラノドンはどうなったんでしょうかね。
全部麻酔銃で撃ち落せたんでしょうか。あれだけいたけど。
巨大プールの中には巨大ワニが口を開けて待ってるし、Tレックスもラプトルも野放しだし、
結局エサくれる人間がいなくなったら共食いが始まって、巨大ワニは巨大プールでさびしく餓死しちゃうのかな。
アバターのときも似たような感覚になったような。
映像の迫力に圧倒されたけどストーリー的には・・・・というの。
まぁ感想は人それぞれ十人十色。いまだにランキング1位ということがすべてでいいんじゃないでしょうか。

raptors.jpg



そういえばエンドロールで日本人スタッフの名前が何人かありましたね。
一人の方は"Puppet"のとこに上がってたので操作されてたのか、製作されてたのか。
あとキャストの"Mr DNA"が監督の名前で、ミスターDNA?って考えてたら
あの球体の中の案内ムービーの人ですね。監督、ちゃっかり出てるんですね~

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 洋画    ジャンル : 映画


Comments

最後が凄かったですね
きっとあのラプトルには
密かにワンコのDNAも加えられていたのだと思います。
だから本能に反して人間に従っちゃったんでしょう。 
1作目から出ている中国人の博士ならそれくらいやりそうです。「ここに自然なものなどない」と言い切ってたし。
新型恐竜にもイカとかの要素加えて擬態や赤外線無効にする能力与えましたもんね。
……つーか、明らかにそれ、余計な危険能力じゃない? と思いましたが。
実は自分がやらされてる事に疑問を抱いていて、人間側に強烈なしっぺ返しが来ることを望みわざとやった、というパターンもありえるかなと観ていて思いました。
>渡邊大樹さん
すごすぎて唖然としてしまいました・・

>温泉ぴよこさん
あーなるほど。劇中では明言されてませんけど可能性は十分ありますね。
匂いで追いかけるとか主人に従うとかまさにワンコ。
安定させるために新型に組み込んだ遺伝子のせいで
あれだけ厄介なことになったわけですけど
いろんな遺伝子入れたのにそれぞれの特性だけが
見事に反映されたところを見ると、あの博士はとんでもない人物なのでは・・と思います。
続編が決まってるらしいので、もしかしたら逃げ切った博士が
またなにかやらかすのかもしれません。

Leave a Comment


Body

 
Spn Next Episode
カウントダウンタイマー


 
 
Spn Cast Twitter

 
Profile

miku[el]

Author:miku[el]
海外ドラマ・スーパーナチュラルをメインに好きな映画やその他ドラマについて好き勝手に書いています。天使フリーク。Spnはシーズン11について書いてますのでネタバレは困る!という方はお気をつけください!US放送済み分については予告なしでネタバレします。DVD発売後でもエピタイトルは原題で表記してます。英語が堪能ではありませんので、ブログ内はほぼ個人的解釈を含んだ意訳です。誤訳もあるかと思いますがご容赦ください・・
★拍手コメントのお返事は同記事のコメント内でさせていただきます。生存確認はツイッターまで。

Tag
QRCode
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。