Shoot At The Devil

―All evil bitches will see the two lights.

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
02


ロスト・アイズ [ネタバレ]

スペインのサスペンス。
オカルト・サイコにジャンル分けされてるけどこれはサスペンス。

IMG_0104.jpg


徐々に視力を失っていく持病をもつ双子の姉妹。
先に失明した姉が突然自殺する。
妹自身の視力も低下していく中で、姉の死を不信に思った彼女は夫と共に調べていく。

見える幸せか、見えない幸せか。

サスペンスで最後にちょっと感動したのはあんまりないかもしれない。
姉の自殺の真相を探っているうちに妹の視力も低下していって、姉を調べるどころじゃなくなってくる。
その中で最愛の夫も姉と同じ場所・方法で突然の自殺。
移植手術をしてしばらく包帯生活を送ることになる妹。
ヘルパーとしてやってきた男性と過ごしているうちに思わずキスしてしまうような仲になる。あるある。
だけどこのヘルパーの顔を全然見せてくれない。

対面してる妹の顔は映ってるのにヘルパーの顔はいい角度で見えない。
これが終盤まで続いて、首から上が見えないってのはけっこう気持ち悪い。
妹を助けるためにやってきた隣の家の娘も顔が映らない。
だからいくら「あなたを助けにきたの!一緒にきて!」って言っても、
盲目の主人公じゃなくてもこっちから見てても全然信じられない。
しかもその前に彼女の父親が妹にセクハラしてたから
「あれはお父さんが寂しくてやっただけだから、許してあげて」とかぬかすから余計に信じられない。
でも結局正しかったのはそのコ。
妹を助けにきたそのコは無残にもヘルパーに殺される。顔に包丁つきたてられて壁に張り付け。

あと4日待てば包帯が外れるのに妹は状況を把握するために無理矢理包帯を取ってしまう。
彼女はほんの一瞬だけど、また見えるようになる。
本当は見えてるのに犯人にバレないように見えないフリして、
目の前数センチでナイフをちらちらさせられてるのが見てるこっちもハラハラした。
そこで初めて彼女はヘルパーの顔を見るわけだけど、散々もったいぶって隠し続けてたわりには・・・誰?
ここまで隠し続けたのはきっと最初から主人公に関わってる人物だからなんだわ~って
勝手に思い込んですんませんっした。
これまで出たこともない人物が犯人でちょっと拍子抜けだったけど
彼の母親が実は近所に住んでた盲目の女性だったのはびっくり。さらにその盲目が偽装だったのもびっくり。

ヘルパー目線のシーンがひとつあって、それがおもしろかった。
主人公に情報提供した人物を事故死に見せかけて殺したあと、階段上がってホテルの出口まで向かう。
途中でいろんな人にすれ違うけど誰もヘルパーの方は見ない。
そのすれ違った中に主人公もいたのに、彼女自身もヘルパーの存在にまったく気付いていない。
近いところに犯人はいたのにね。

最後、視力がもうもたないってなったとき、彼女が見たのは遺体保管庫にいる旦那の顔。
それと彼が「星空を見上げなくてもここに宇宙がある」と言った鏡に映った彼女自身の瞳。
主人公に近い人間が犯人に殺されるのはあるある。ホラーの主人公は恋人が死んでもわりと立ち直りが早い。
だからこれもそのパターンかと思ったけど、彼女はヘルパーとキスしたけど旦那を最後まで愛してた。
彼女の視力は戻らないし、最愛の旦那も戻らない。危うく殺されるところだったけど、
それでもきっと彼女はおだやかに旦那を想って生きていくんだろうなと思えるエンディング。
ラストのスパークも綺麗だった。
ゆっくりと光が消えていくのが彼女の視力を象徴してるようで物悲しかった。

スペインのサスペンスものてけっこういいかも。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : ホラー    ジャンル : 映画



 
Spn Next Episode
カウントダウンタイマー


 
 
Spn Cast Twitter

 
Profile

miku[el]

Author:miku[el]
海外ドラマ・スーパーナチュラルをメインに好きな映画やその他ドラマについて好き勝手に書いています。天使フリーク。Spnはシーズン11について書いてますのでネタバレは困る!という方はお気をつけください!US放送済み分については予告なしでネタバレします。DVD発売後でもエピタイトルは原題で表記してます。英語が堪能ではありませんので、ブログ内はほぼ個人的解釈を含んだ意訳です。誤訳もあるかと思いますがご容赦ください・・
★拍手コメントのお返事は同記事のコメント内でさせていただきます。生存確認はツイッターまで。

Tag
QRCode
QR