Shoot At The Devil

―All evil bitches will see the two lights.

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

S8-8話 ネタバレ感想

Castiel: Hey, I'm not through with you.
Cat: Dumbass.


8_3.jpg

8_2.jpg



まとめているんですが全然進んでません。やっとこさ半分。なので先に感想あげます。

うーん・・なんか今回はアニメネタということで古いアメリカンアニメを知らない人間には
おもしろさが半分もわからない上にいちいちキャラクター名を調べなきゃいけないということに時間くってます。
しかも英語じゃないと言葉のおもしろさがわからないというか。
冒頭のDeanとCasのやりとりからしていきなりです。
Dean: What's the word, Cas?
Castiel: It's a shortened version of my name.
Deanはなにか情報あるか?どうだ?みたいな感じで聞いたのにCasにはそのスラングの意味がわからず
直訳の意味で答えたといういきなり笑わせてくれて最高なんですが、
これを補う日本語力が私にはありません(;´д`)トホホ…

8_8.jpg


鉄床が落ちてくるなんて知らないし、そもそもその鉄の塊が鉄床っていうことも知らんかった。
日本でいうところのタライ?それのバイオレンスバージョンってこと?
さらにCasはバッグス・バニーについて"Insect-rabbit hybrid"と言いましたが
カタカナだとわからないけど英語だと"Bugs Bunny"
そりゃ昆虫のウサギだと思うよねw
Deanの"It's wabbit season."というのもRabbitとなにかの言葉をかけてる(weird?)と思うんだけど
Rabbit seasonというのがRabbit Fireというアニメに出てくる狩りのシーズンを指す言葉とかなんとかで
だからこれからアニメオタクの犯人を狩るぞってことでDeanがそう言ってSamがおもしろくて笑ったんだけど
Casにはそれがわからないから"I don't think you pronounced that correctly."と言ったんですね。
あとDeanが言ったTulpaというのは妄想や想像が実体化することを言うようです。
Super-wikiにもあったけどS1のゴーストフェイサーズ初登場エピのHell Houseのモンスターがそれだそうで。
本当はいないのにみんながガセネタを信じたもんだから実体化しちゃったっていうあれです。
半分きた時点でつまずきまくってるからこれからまだまだ出てきそうでいつ仕上がるやら(;・∀・)

でもおもしろかったですねー!オープニングだけでも何回も見ちゃった。
心臓が飛び散るというグロすぎるシーンなのになにあの潰れたようなふざけた効果音はw
今までCasはもっと堅くて笑わなくて真面目すぎるイメージ以外ありえないって思ってたけど
おかしくなって煉獄に行ってからいい感じのキャラクターになったなぁ。
ストイックな部分を残しつつも柔軟さもプラスされて見ていて楽しかった。笑顔が優しい。
助手席に乗ろうとして2人から拒否られたのがかわいそすぎw
"I'll watching over you."のセリフがCas自身から聞けて嬉しかった。
Maryが幼いDeanにずっと言ってたセリフだったから特別なセリフですね、これは。
老人ホームに来たときに兄弟がバッヂを出してるのを見てコートのポケットを探してるのが可愛かった。
結局なくてすごい残念そうwまた逆さに出してほしかったな。
チームというよりもCasはケガを治したり重いものを動かしたりするためにいる印象しかなかったけど^^;、
全体的にこのエピは可愛すぎでした。

8_6.jpg


Deanは1年間も煉獄でCasと一緒にいたのに彼が眠らないことを知らなかったのはどういうことなんでしょうねぇ。
煉獄には時間の概念がないのか、でも毎晩Casの無事を祈ってたって言ってたからなぁ・・
煉獄ではヒゲが生えたくらいだからもしかして眠ってたのかも?
こっちに戻って天使の力を取り戻したからまた眠らなくなったってことでしょうかね。
こういうどうでもいいことが本気で気になるw

Fredの精神世界もおもしろかった。いつもとは違うSpnで。
ローアングルでSamもCasもいつも以上にカッコいいし、
これがただのなにもないグリーンスクリーンで演技してるっていうんだからみんなスゴイですね。
Samの言葉は自身が経験したからこその言葉。だからFredにもCasにも響いた。
1話のときは1年間彼女といちゃこらしてただけなのかと思ってたけどSamもちゃんと答えを出してたんですね・・
でもそれがよかったのかわるかったのか、Casは兄弟から離れました。
これがねぇ・・自分でも信じられないくらいショックで(´・ω・`)
思わず涙が出たくらい、なんかやたらとショックでした。
トレンチ姿のCasも3人一緒なのも久しぶりで兄弟にすれば迷惑そうだったけどそれでも一緒なのが嬉しかった。
Casのキャラもさらに良くなったって思っただけにまた兄弟から離れたのが残念でなりません。
Deanはしばらくすればまた合流するって思ってるんだろうけど
13話の撮影が進む現段階でMishaの名前はないから、けっこう長い間Casの出番はありません。

8_7.jpg


もう逃げないと決めたCasがこれからどう動くのか。
自分を犠牲にしてもなにかを成し遂げるつもりなのか。どちらにしてもしばらくCasは出てきませんorz
わかってはいるけど・・3人一緒じゃダメなのかなぁ(´・ω・`)
でもこのシーズンはCasというか天使を見捨てる感じはしないのでその点を少しだけ期待してます。
あまり期待しすぎると外れたときに反動が大きいので^^;
そうそう。あのネコの声はボビー・シンガー監督だそうです。Bobつながりだかららしいです。
そしてAmeliaのパパはS1で飛行機墜落事件を兄弟に依頼した空港職員役の人だとか。
7年ぶりの再会だったわけですねーJaredの顔つきもヘアスタイルも変わってさぞかしびっくりだったでしょうねw

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 海外ドラマ(欧米)    ジャンル : テレビ・ラジオ


Comments

Leave a Comment


Body

 
Spn Next Episode
カウントダウンタイマー


 
 
Spn Cast Twitter

 
Profile

miku[el]

Author:miku[el]
海外ドラマ・スーパーナチュラルをメインに好きな映画やその他ドラマについて好き勝手に書いています。天使フリーク。Spnはシーズン11について書いてますのでネタバレは困る!という方はお気をつけください!US放送済み分については予告なしでネタバレします。DVD発売後でもエピタイトルは原題で表記してます。英語が堪能ではありませんので、ブログ内はほぼ個人的解釈を含んだ意訳です。誤訳もあるかと思いますがご容赦ください・・
★拍手コメントのお返事は同記事のコメント内でさせていただきます。生存確認はツイッターまで。

Tag
QRCode
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。