Shoot At The Devil

―All evil bitches will see the two lights.

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランケンシュタイン [ネタバレ感想]


o0450063820140108-00000009-dramanavi-1-00-view.jpg



強烈。

すごかったです。予想以上でした。
先週行けなかったので今週はどっちがどっちかあまり確認しないまま行ったんですが
今週はベネディクト・カンバーバッチがクリチャー、ジョニー・リー・ミラーがフランケン。
日本語字幕が間違ってたり、本編以外は字幕なしということで急いで作った感が否めませんでしたが
正直字幕なんぞどうでもよくなるくらい引き込まれました。
全体的にクリチャーの方が出番が多いです。序盤~中盤くらいまではクリチャーの物語。

やっぱりこのベネディクト・カンバーバッチはすごいです。
最初から最後まで人間じゃなかった。人間というのをまったく感じなかった。
あれは表現能力だけじゃなく身体能力も高くないと無理。
演技するだけでも大変なのに人間なら不自然すぎる体勢のままやりきるなんて身体能力高くないとできない。
そもそも突っ立ってるシーンだって突っ立ってないし。おかしな姿勢や必ずどこかが動いてる。
クリチャーが生まれ落ちてから歩くことを覚え、食べることを知り、言葉を知り、確実に知恵と知識をつけていく。
その様子はたとえ醜い風貌でも赤ちゃんと同じで成長していく姿は応援したくなる。
でも知識をどんどん吸収していくということは真っ白で純粋無垢ということ。
純粋だからこそ心許した相手に裏切られたことで深く傷つき、それが激しい怒りと憎悪に変わってしまう。
理性や自制を覚える前に怒りと憎悪を知ってしまった。
信頼していた分だけ一瞬で憎悪は莫大なものになってそれは相手を焼き殺すほどになる。
ここからクリチャーはどんどんおかしくなる。
本人が望まない結果になっていく。
ただ愛がほしいだけ。一人になりたくないだけなのに。

弟を殺されたフランケンシュタイン博士が「おまえが愛を語るな」とか言ってたけど
人間なんて一皮むけばクリチャーと同じ。クリチャーは歩く人間の本能。
クリチャーが愛を求めていたように博士だって愛を求めてたように見えた。
でも博士の周囲にはちゃんと愛があった。探しに来てくれた父親、戻るのを待つと言った妻。
彼がそれに気づかなかった、気づくのが遅かった。
博士は妻を殺された復讐のためにクリチャーを追いかけ、
クリチャーも捨てられ人間になれなかった恨みから博士を追いかける。
そこに愛はないように見えるけどこれもひとつの愛かも。
互いを激しく憎悪しながらも殺すことはできない。死は望んでない。
クリチャーはもう一人じゃないし、博士は自分が生み出した最高傑作を追い続ける。
最後、博士は先に行くクリチャーを追いかけるように二人で霧の中に消えていく。

スクリーンでは鳴り止まない拍手に答えるキャストたち。
私、茫然。
スクリーンでこれなんだから生で見たら腰抜かしそう。
こんなことなら先週無理してでも逆バージョンも見ておくべきだった。
ジョニーのクリチャーならまた違った印象を受けたかもしれない。
彼はElementaryに出てるけど印象が全然違ってびっくり。声がハスキーでめっちゃ素敵。
ただ今朝未明のあの日本選手たちの大号泣ものの感動演技を引きずったまま見るもんじゃないなーと^^;
すがすがしい気持ちを持ったまま見る作品ではないですね。
血まみれシーンとか残虐シーンがあるわけじゃないのになんだかグロい印象が残ります。
その重苦しい印象にラストシーンで「つまりは浜辺のあははうふふってこと?」と一瞬でも思った自分を殴りたいw

20140107035828.jpg


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想    ジャンル : 映画


Comments

Leave a Comment


Body

 
Spn Next Episode
カウントダウンタイマー


 
 
Spn Cast Twitter

 
Profile

miku[el]

Author:miku[el]
海外ドラマ・スーパーナチュラルをメインに好きな映画やその他ドラマについて好き勝手に書いています。天使フリーク。Spnはシーズン11について書いてますのでネタバレは困る!という方はお気をつけください!US放送済み分については予告なしでネタバレします。DVD発売後でもエピタイトルは原題で表記してます。英語が堪能ではありませんので、ブログ内はほぼ個人的解釈を含んだ意訳です。誤訳もあるかと思いますがご容赦ください・・
★拍手コメントのお返事は同記事のコメント内でさせていただきます。生存確認はツイッターまで。

Tag
QRCode
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。