Shoot At The Devil

―All evil bitches will see the two lights.

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
11


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

300 帝国の進撃 [ネタバレ感想]

原題: 300 Rise of An Empire

300_Rise_of_an_Empire_Poster3.jpg


監督は違えどクオリティーは衰えず。




公開直前にこの続編のことを知り、ザック・スナイダーが監督じゃないことも知り(脚本とプロデューサーで参加
前作ファンとしては不安と心配を感じながら見に行ってきましたが、いや~おもしろかった!
前作ほどの衝撃と感動はなかったけれど前作と同等の興奮度。
時系列は前作と同じところもありーの、ペルシアの王の誕生秘話から始まりーの、レオニダスの死後のこともありーの。
レオニダスが率いるスパルタ軍が地上で激しい戦闘をしている間、
テミストクレスが率いるアテネ軍は海の上でペルシア王の副官でもあり姉でもある策士・アルテミシアの一軍と激しい戦闘をしておりました。
スパルタ軍が地に足をつけて戦っていただけに、海の上なんてましてや船上バトルなんて迫力あるのか?
と思って見てたら、すぐにぽかーんですよwあまりの大迫力にびっくり。
お互い船上から矢を放ったりするだけだろうと思ってたら激しく船をぶつけて敵船を真っ二つにしたり、
濃霧を利用して岩礁に誘導したり、
ペルシア軍も重油?をまいたりして文字通り周囲を火の海にしてアテネ軍に壊滅的ダメージを与えたり。
どの戦闘シーンもとにかくスピード感と迫力が素晴らしいです。さすがです。

始まってすぐに早くも激しい地上でのバトルシーンが入ります。
スパルタ軍は赤マントだったけど今回のアテナ軍は海軍らしく?美しい真っ青マント。
もうね、この時点で全身鳥肌で涙目になった。
あんなに血が飛び散って体も飛び散ってるのになぜあんなにも美しいのか。
赤みをおさえた血しぶきと純潔のような青いマント。この対比が素晴らしいです。
ただ、そのコントラストを楽しみたかったからカメラに飛び散る血が邪魔でした。
カメラに血が付着するのはよくある演出ですが・・・邪魔でしたすいません。
さらに言うならば青マントの丈をもうちょい長く、生地を薄くしてもらいたかったです。
スパルタ軍の赤マントは引きずるくらい長かったので
動きが激しければ激しいほどマントの動きで優雅さがプラスされてた。
今回は色は映えててきれいなんだけどマントの動きはどこかもっちゃり。→ドレープのせいかも。
あれでマントが動きに合わせてひらひらしてたらさらに最高だったと思います。
ですがあれだけのスピード感とごちゃごちゃ感がありながらもしつこすぎないスロークイックのおかげで
爽快感だけが残ると言うのは見事としか言いようがありません。
(某流浪人漫画の実写の予告にあった刀バトルがあまりに早すぎて何やってるのかわからなかったから余計に^^;

110727.jpg


今回はレオニダスを失った後、自ら剣を取って軍を率いた王妃とアルテミシアの二人の女性が戦場に立ちます。
アルテミシアは子供の頃の酷い経験から人間らしい感情をまったく見せない冷酷な軍人。
正直なところ、女性が出てくると大概恋愛が絡んでくるので
こんな生と死だけの戦場に男女の恋愛なんぞ織り込んでくるんじゃないだろうなとひやひやしましたが
やっぱり絡みましたw
でもそれがまたいい塩梅でそのときのアルテミシアの表情がめちゃくちゃいい。
あまりに折れないもんだから彼女はテミストクレスを直接呼び出して降伏するように交渉するんだけど
上手くいかないもんだから自分の体を使ってテミストクレスを誘惑して関係を持つ。
でもときどき彼女の表情から垣間見えるのが幼少期に男たちに虐げられてたことを思い出したような動揺や
本気でテミストクレスに惹かれ始めてるような熱っぽい表情。
それまで見せてた冷酷無慈悲な軍人の顔とはまったく違って一気にキャラに厚みが増したように感じた。
テミストクレスも初めてのことだったので動揺したけど交渉は決裂。
最終決戦の船上バトルでアルテミシアは自らテミストクレスの剣をお腹に受け入れる。
「もっと早く会いたかった」やら「違う場所で会いたかった」というのはこういうときに使うんでしょうね。
もちろん二人はそんなこと口にしなかったけど内心はそんなところでしょう。

「真の男を産むのは女だから」とペルシアの使者に言い放った王妃・ゴルゴ。
前回は強く誇り高い女王という印象でしたが今回、王の形見である剣を手にアテネのピンチに駆けつけます。
彼女が戦う姿は最後のシーンくらいしかないけど、それだけでも十分すぎるくらい彼女の強さが伝わってきます。
実際のところ、女性が先頭きって戦場に立つなんてことはなかったんだろうけど
大群を率いる女性ってのはやっぱりカッコいい。

BN-BV404_threeh_G_20140309090130.jpg



テミストクレスの右腕の彼。どこかで見たことある顔だなーと思ってたら
映画「シャーロックホームズ」のカワード卿だった。
アルテミシアを鍛えた男性は前回、レオニダスに奈落に蹴り落とされたペルシアの使者。
演じている彼はドラマ「スパルタカス」でコロッセオで戦う戦士を鍛えるドクトーレを演じてた。
繋がりがあるとは思えないけど狙ってたのは間違いないw

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想    ジャンル : 映画


Comments

Leave a Comment


Body

 
Spn Next Episode
カウントダウンタイマー


 
 
Spn Cast Twitter

 
Profile

miku[el]

Author:miku[el]
海外ドラマ・スーパーナチュラルをメインに好きな映画やその他ドラマについて好き勝手に書いています。天使フリーク。Spnはシーズン11について書いてますのでネタバレは困る!という方はお気をつけください!US放送済み分については予告なしでネタバレします。DVD発売後でもエピタイトルは原題で表記してます。英語が堪能ではありませんので、ブログ内はほぼ個人的解釈を含んだ意訳です。誤訳もあるかと思いますがご容赦ください・・
★拍手コメントのお返事は同記事のコメント内でさせていただきます。生存確認はツイッターまで。

Tag
QRCode
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。